公益社団法人 全日本鍼灸学会 学術研究部 安全性委員会

Update 2019-06-03

鍼灸医療事故報告サイト(仮称)試験中

Report site of medical accidents in acupuncture and moxibustion practice
  
 
鍼灸臨床で発生した重大な医療事故(有害事象等)を報告するためのシステムです。鍼灸師をはじめ医療関係者であれば誰でも報告できます。事故の再発防止のためにご協力下さい。

  
 
鍼灸臨床における重要症例(施術期間の前中後において重大な疾患が判明した症例)に関する調査のためのシステムです。鍼灸師をはじめ医療関係者であれば誰でも報告できます。

  
 
鍼灸臨床における安全対策や有害事象等に関する調査のためのシステムです。所属団体から対象者へ調査の依頼が参ります。なお、本システムを利用したい鍼灸関連団体は本委員会までお問い合わせ下さい。

 
 
鍼灸の安全対策(有害事象防止対策、調査結果、Q&A等)に関する情報サイトです。
 

 
2019-05-01

鍼灸医療事故報告サイト(仮称)を公開しました。現在、試験中のため正式な登録(報告)はできません。

2018-09-01

鍼灸医療事故報告サイト(仮称)を立ち上げました。公開はしていません。

公益社団法人 全日本鍼灸学会 学術研究部 安全性委員会


公益社団法人 全日本鍼灸学会 学術研究部 安全性委員会は、同学会の鍼灸安全性委員会の作業部会として、鍼灸の安全性に関するガイドラインやマニュアル原案の作成や有害事象調査や啓蒙活動などを行なっています。一方、鍼灸安全性委員会は、国内鍼灸の安全性に関するガイドラインおよびマニュアルを策定するための組織であり、(公社)日本鍼灸師会、(公社)全日本鍼灸学会、(公社)東洋療法学校協会、日本理療科教員連盟から構成されますが、2018年7月より運営は全日本鍼灸学会に移管されました。