更新日 2022-06-06 
Safety Measures Website for Japanese Acupuncture and Moxibustion managed by Safety Committee, The Japan Society for Acupuncture and Moxibustion (JSAM)

 鍼灸安全対策ガイドライン2020年版に関するアンケート調査(令和3年11月11日〜令和4年1月31日)にご協力いただきありがとうございました.心より感謝申し上げます.
 本調査結果を以下に示しますのでご覧ください.なお,本調査結果は,次回の全日本鍼灸学会学術大会(東京大会)の安全性委員会ワークショップで発表する予定です.
 また,皆様から頂戴しましたご要望につきましては,安全性委員会で検討の上,次回のガイドラインの改訂および現在作成中の鍼灸安全対策マニュアル(仮称)に反映したいと考えております.
 今後とも安全性委員会の活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます.
 
 なお,本調査は以下の助成を受けて行われました.
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
研究課題 ISO/TC249における国際規格策定に資する科学的根拠と調査および統合医療の一翼としての漢方・鍼灸の基盤研究(課題管理番号 21lk0310078h0001)
研究開発代表者 並木 隆雄(千葉大学 医学部 附属病院 診療教授)
分担研究課題  鍼灸領域の安全性と機器の規格に関する研究
研究開発分担者 形井 秀一(筑波技術大学 名誉教授)